松本智子さん・長崎県/NGAAメンバーさんインタビュー

松本智子さん

(長崎県出身 長崎県長崎市在住)

ギフトショップ ほのり  店主

キャンディブーケ作家養成講座卒業生

キャンディブーケ講師養成講座卒業予定



■ キャンディブーケ(お菓子ブーケ)と出会ったきっかけを教えてください


長崎では「長崎くんち」というお祭りがあり、そこに出る方に御祝(御花)をするという事があるのですが

そこで生花ではなくキャンディブーケを送っている方がいたらしいと友人から聞き、

キャンディブーケの存在を知りました。


はじめは自分で見よう見まねで、キャンディブーケを作ってみましたが、

なかなか上手くいかず、もっと素敵に自分でつくれるようになりたいと思い、

キャンディブーケを習うことが出来る教室を探すことにしました。


習える場所は、協会以外でも見つけることはできたのですが

代表理事の制作するキャンディブーケ作品に、一目ぼれ。

絶対にこの方から習いたい!と思い、協会のキャンディブーケ作家養成講座を受講することを決めました。



■ レッスンを受けてみていかがでしたか 


細かく色々なことを教えてもらえ、習って良かったと思いました。


包装紙の畳ませ方・ワイヤーの曲げ方・道具は何を使うのか、

ひとつひとつ教わることの大切さを感じました。


またキャンディブーケは難しいからこそ、面白いと思いました。



(※当時の松本智子さんのキャンディブーケ作品はこちら↓)


■ キャンディブーケの魅力を教えてください

 

作る側としては、とにかく楽しいです。


利点としては、手間をかけて作ることが出来る点ですね。

生花と違ってやり直しも出来ますし、納得するまで取り組むことが出来ます。


また、商品をもらった方も送った方、どちらも喜んでもらえるものを

制作できる点も魅力です。


(最近の松本智子さんのキャンディブーケ作品はこちら↓)


■ お仕事はどうやってうけておりますか


友人やそのお知り合いの方からご注文を頂いております。


バレエの発表会のプレゼント・ウェディングの品物(ウエルカムスペース用やブーケなど)

幼稚園の先生から、教え子の方が成人したのでプレゼントに贈りたいと、ご注文を頂いたこともあります。


初盆やご法事で、仏様用に置き型のキャンディブーケをご注文いただくこともあります。



(松本智子さんが制作した仏様用のキャンディブーケ作品はこちら↓)

■ 「仏様用のキャンディブーケ」は今までのインタビューでは聞いたことがなかったので驚きました。

仏様用のキャンディブーケを制作する際の工夫がありましたら、教えてください。


入れるお菓子はスイカの和菓子やお茶の葉など、仏様に合う物を選んでいます。


後は、その方が昔良く食べておられたお菓子などをお聞きして、なるべく近い物を探して

お供えに飾れるようにもします。


ほんの小さなことですが、思い出して「あ~これをよく食べていたよね」なんて

少しほっこりして頂けると、こちらも嬉しいです。




■ 他に好きなものがあれば教えてください 


料理が好きです。

今はやっていませんが、昔は料理教室を開講したりもしていました。


年齢を重ねて、なかなか昔のように出来ないことも増えてきましたが

制限のある中で何かできることを探していくことも楽しいです。




■ 今後やりたいことがありましたら教えてください 


作品のオリジナリティをあげていき、完成度の高い作品をつくれるように腕を磨いていきたいです。

これが私の作品ですと、胸を張って言えるようにしていきたいです。


また、来年挙式される方のウエディングブーケのご注文を頂いているので、その時までに

様々なパターンのブーケを作ってご提案ができ、センスの良い作品を完成出来るようにしたいです。




■ 日本ギフトアレンジメント協会に、興味をお持ちの方へメッセージをお願いいたします 


知らない世界に飛び込むことは、何歳になっても良いことです。


今やりたいと思ったその時がタイミングなので、気になっている方・迷っている方はぜひ挑戦してみて下さい。

あの時やってみたら良かったと後悔する事がないように。


何をやるにしても勇気がいりますが、ひとつ動いてみる事で

新たな自分が見つかるかも♡です。




(インタビュアー:伊野ゆかり)